おすすめの開店祝いの花の選び方

知人などがお店をオープンする時にお祝いとして贈ると喜ばれるのが、開店祝いの花です。開店祝いには花以外を贈る場合もありますが、新しくオープンしたお店の前に開店祝いの花が飾ってあれば、そこを通りかかった人にも新しいお店が出来ていることをアピール出来るため、よく贈り物として選ばれています。さて、開店祝いに花を贈ろうと思った時に、どんな種類を選べば良いのかで悩んでしまうこともあるでしょう。知人や友人といった気の置けない相手ならまだしも、元上司や先輩などの目上の方に贈る場合は特に、失礼の無いような花の選び方をしたいものです。そこで、ここでは開店祝いの花にどのような種類を選べば良いのかをご紹介しますので、是非、ご参考にして相手に喜ばれる贈り物を選んでください。

予算やお店の広さを考えて適切な贈り物をしよう

開店祝いの花を贈るには、お店で直接花屋さんに注文する方法と、インターネットでフラワーギフトが贈れるサイトから注文する方法があります。どちらの方法を使う時にもまず決めておかなければならないのは、予算のことです。一般的に開店祝いの花にかける予算は10,000円から30,000円位とされており、相手が身内や大切な取引先などの場合は、最高で50,000円ほどかける人もいるようです。それから、開店祝いを選ぶ時に重要なのは、お店の広さに合った大きさの花を選ぶことです。開店祝いでよく贈られる商品として、フラワースタンドがありますが、お店の外に置くスペースが無い場合には店内に飾ることになってしまい、スペースが狭くなってしまうデメリットが考えられます。出来れば、贈り先の店舗を実際に見て、花を置くスペースがどの位あるのかを考えてから注文するのがベストです。

多くの人におすすめの開店祝いとは

開店祝いの花の選び方で、選んではいけないものとしては、法事を連想させてしまう菊や、火事をイメージさせてしまう赤い花一色のアレンジメントが挙げられます。それに対して、多くの人が選んでも無難なフラワーギフトとしては、白の胡蝶蘭を鉢植えにしたものがおすすめと言えます。胡蝶蘭はユリのように匂いがきつくなく、花粉が飛び散ることもないため、飲食店やファッションアイテムを扱うお店でも邪魔にならずに飾ってもらうことが出来ます。また、胡蝶蘭は見た目が華やかであるのに加えて、花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などがあり、開店祝いには縁起が良いという点も人気の理由になっています。これらの理由から、迷った時は胡蝶蘭の鉢植えを選ぶのがおすすめですが、フラワーショップの店頭で注文する場合には、開店祝い用という目的を伝えてアレンジメントをしてもらうのも良いでしょう。