開店祝いとして選ばれる花の種類

開店祝いにふさわしい花を選ぶのはなかなか難しいことです。開店祝いの花として知られている胡蝶蘭はもちろん、アレンジメントフラワーもまた開店祝いの花として好まれています。どちらが良いかとは一概に断言できませんが、少なくとも両者は開店祝いの花としてのタブーを踏むことはありません。実は病院の見舞いの品として植木鉢を持ち込むことがタブーであることと同じく、開店祝いの花にも絶対的なタブーがあります。それは祝う店舗が飲食店だった場合、そこでは赤色が目立つ開店祝いの花を贈ってはいけないというタブーです。これは飲食店に限らず、火気を扱うことが多い店舗なら当然といえます。赤色は火事を連想させる色であるので店の門出を祝う贈り物にふさわしくないからです。よって火気に注視しなくてはいけない店舗を祝う場合、赤色は避けた方が無難といえます。

開店祝いとして選ばれる花、胡蝶蘭

開店祝いに選ばれる花として胡蝶蘭は有名です。その美しい姿から胡蝶蘭をはじめとした蘭は「女王」と呼ばれており、高級感もあって祝いの品として人気を博しています。また園芸でも好む人は多いです。しかし手頃な値段のものはなく、最低でも一万円程の費用は必要になります。高くても四万円近い値段であるのが胡蝶蘭の特徴のひとつです。しかし胡蝶蘭の開花時期は長く、平均で二カ月から三カ月ほど豪奢な美しさを楽しむことができます。また胡蝶蘭は全般的に「幸福が飛んでくる」という意味を持っており、胡蝶蘭の名前の由来になっている蝶が舞うような花からちなんでいます。あとは白い胡蝶蘭なら「純粋な愛」や「清純」、紫色であれば「あなたを愛しています」という意味を持っており、まさに幸せを祝うアイテムといえます。

開店祝いとして選ばれる花、アレンジメントフラワー

胡蝶蘭以外にも開店祝いに選ばれる花があります。それがアレンジメントフラワーです。フラワーアレンジメントとはスポンジや専用の器に入れ、彩りよく鮮やかに配置したものをいいます。そのため表現したい事をストレートに伝わることができるので贈り物ふさわしいアイテムとなっています。もちろん日常に用いることも可能ですが、一般的には誕生日や結婚式、特別なパーティーに用いることが主流です。またアレンジメントフラワーは非常にリーズナブルで、胡蝶蘭よりも入手しやすいです。それにくわえてカラフルなため、多くの人からの需要が高いです。またわざわざ瓶に入れ直す必要がないので手間が省けるところも特徴のひとつといえます。ただし胡蝶蘭よりも姿を楽しめる期間は短く、約数日が限度です。

当店の対象エリアは全国各地で、全国どこにでも送料無料で産地直送の新鮮なお花をお届けすることができます。 当社にギフト花を依頼する際のメリットは、依頼後3時間以内にお客様の元にお届けする事が可能ですが、受付時間など条件にあう場合のみとなります。 当社では、様々なシーンにおける贈り物用の花を扱っており、WEBで簡単にご注文いただける他、FAXやお電話でのご注文も可能です。 開店祝いの贈花ならリンクフローリスト!